ネイリスト求人の確認【なりたい仕事に就くコツ】

JOB

人を守る職業

チラシを持つ人

どれくらいの費用が掛かるのか

ガードマンとは民間の警備会社に所属し警備を行う職業です。その警備対象は多岐にわたりイベントの警備から施設内を警備したり交通警備なども行います。そしてそれぞれの警備に関する料金の紹介をします。イベントの警備の場合だいたい1時間で2500円くらいです。この警備ではイベント会場での車両や歩行者の誘導なども行ってくれます。交通警備の場合は1時間で2000円程度です。これは建築現場や道路などで車や通行人の誘導を行う業務です。施設警備の場合は1時間で2000円程度です。これは指定された設備の内部を巡回して異常がないかを調べるものです。これらの金額は警備場所の広さによって上昇していきます。そのため依頼する場合はあらかじめ見積もりを出してもらいます。

ガードマンについての特徴など

ガードマンという言葉は和製英語であり外国では通じないものです。英語で示す場合はセキュリティーガードなどと呼ばれています。その外見は同じように見えてもその雇用形態は異なる場合があります。警備会社の正社員の場合もあればアルバイトや派遣社員の場合もあります。最近はガードマンに対する状況が変化しており人件費が高騰しています。これはガードマンの人口が減っていることが原因であり、その根底にはガードマン全体の平均年齢が上昇していることやきつい仕事だと思われて新しい人が入ってこないことがあります。ガードマンに対する依頼の特殊な例として高齢者の自宅への巡回訪問なども行っています。このように様々な種類の依頼をこなしているのです。